人生の選択肢。

  • 2020.07.23 Thursday
  • 17:02

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

「自分の人生を歩いて。」・・・私が東京を発つとき、Bさんからいただいた励ましの言葉だった。

今は、自分の個性を尊重して、自分の人生を歩くことを勇気をもって選んだ方が幸せになるのではないだろうか。

 

昔、読んだ本に書いてあった。

「人生はみんながいいと言うほうとは逆の道を選んだ方がいい」・・・確かこんな言葉だった気がする。岡本太郎の言葉だ。

 

自己主張して、何の批判も浴びずにみんなにチヤホヤされ誉められ、そして、10年後「事務員」となった人を知っている。

貧乏のどん底に生まれ、いじめられたり悔しい思いをしながらも、必死に勉強して仕事に打ち込み、15年後「起業家」となった人を見たことがある。

社会に適応できず、ニートとなり、会社勤めもできなかった人が、20年後「サイト制作で成功をおさめた」という人を聞いたことがある。

 

何がいいかは分からないものだ。ただ、一つ言えることは、今、私たちが手に入れている環境は、きっと過去に判断してきたことの「結果」なのだと思う。そして、今は、次に向かっていく「過程」でもあるのだ。

 

私もそう。家族の反対、相手の家族からの中傷、侮辱・・・そんなことに耐えて、結婚生活というものが始まるようだ。

 

でも、一方で、彼の純粋な真心、優しさ、真剣さ、深い愛情を一身に浴びている。私は、彼を信じたい。いや、彼を信じて付いていくべきなのだろう。

 

時代は常に移り変わっていくものだ。

 

私は毎日、彼の運転で職場に通い、彼の作ってくれたお弁当を食べ、仕事に打ち込んでいる。会計の仕事は面倒くさい仕事かもしれないが、コツを掴んで来れば、一つの事業を取り巻く環境を取引ごとにリアルに知ることが出来る点が魅力的だ。エクセルのスキルは必須だということも分かって来た。もともとエクセルは少しは使っていたが、数式を覚えるだけではだった。今は、「処理したい事務処理」が目の前にあるから、「それを合理的に処理できる関数はないだろうか?」という視点で探すことができるので、エクセルを以前より上手に活用することができるようになった。

 

このように私が仕事に打ち込めば打ち込むほど、休日は、ときどき私を外に連れ出してくれる。たとえば、日南海岸のドライブ。鵜戸神宮への参拝などなど。無心になってビーチをお散歩するだけで、心が癒されていく。そんなビーチは、まるで大空に舞う鳥のように、私を自由にしてくれるのだ。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM