一日休んで在宅勤務。

  • 2020.10.29 Thursday
  • 21:15

昨日、会社を休んで、一日、東京の会社の仕事を進めていた。彼も付き合ってくれた。仕事を手伝う約束だったが、結局、ネットワーク環境を整える手伝いをしてくれたり、ちょっとした雑用を手伝ってくれただけで、あとは、自分の好きなことをやっていたようだ。いや、これには感謝している。人間とは、みんな自分の好きなこと、出来ることしかできないのだ、という真実を私に教えてくれたからだ。

 

彼がお昼ご飯を作ってくれて、ビーチで一緒にお弁当を食べた。お散歩もした。仕事の合間にこんな時間を持てるなんて、楽しいことだ。

 

仕事は大変だが、そういうふうに考えることで、自分の中にやる気が出てくる。

 

頑張るんじゃない。仕事の合間に、ちょっといい景色を見たり、美味しいものを食べたりする時間を大切にするの。そう意識するの。それだけで、仕事の能率が違うから。

 

でも、人に仕事を頼むときには、「すごく助かった。」って言った方がいい。家族であっても。「あなたのお蔭で、すごく助かった。今日は捗ったよ。」と私は言ったもの。本当は、一番大変な部分は、全部一人でやったけど。

 

彼の友達が時々遊びに来る。そんなときは、近くのビーガンレストランで、みんなでご飯を食べる。スイーツが可愛くておいしい。こんな楽しみを、私は「味わうこと」にしたのだ。

 

そして、私を励ましてくれたBさんへ、この幸せな視点を送り届けたいと思っている。

「働くこと」と「生活すること」・・・幸せについて考えさせられる日々

  • 2020.10.27 Tuesday
  • 09:42

私の朝はビーチでのヨガから始まる。朝日が昇るのを見ながら。最初はピンク色に雲を染めながら、太陽はちょっと顔を出す。それ

 

私は、先週の日曜に一日中家で仕事をする羽目になった。でも、捗らなかった。ネット環境が悪くてWifiが切れたり、PDFへの書き込み用のadobeの製品の使い方に慣れてなかったり、無駄に会員登録などしてお金を使ってしまった。焦る気持ちだけで、私は本当に泣きながら原稿を眺めた。涙がぽたぽた落ちてきた。「私は何で期限に追われて、仕事ばっかりしてるのだろう?外はこんなにいい天気なのに」

 

彼は、その日、イベントに出ていた。徹夜でお弁当を作っていた。私も二つの仕事を掛け持ちして忙しかったから、イライラしていた。そんなときは、喧嘩になりやすい。ちょっとした言い争いにもなった。こんなことになるなんて、馬鹿みたいだと思った。仕事とは、本来、暮らしを豊かにするためにするものだ。なのに、家庭で争いになっては、意味がない。

 

私は仕事を途中で止めて一人で午後お散歩に出かけた。イベントも見に行った。だけど、誰にも話しかけなかった。彼を見かけた。一生懸命に働いていた。

 

働くことの意味を改めて考えさせられた。そう、「幸せ」であるために、働くはずなのに、仕事のせいで幸せじゃないなんておかしい。私の意識改革が必要だと思った。

 

その日、彼が帰宅してから、私の大好きな温泉に連れて行ってくれるという。私が働き過ぎなのを知っている彼は、仕事の量を減らした方がいいとアドバイスもしてくれる。友人の家へお弁当も届けたとき、庭になっているギャバを頂いた。その瞬間、幸せだなぁと思った。朝、原稿に埋もれて泣いていた自分が滑稽だ。こんな近くに、あまりにも素朴な普通な豊かな暮らしがあって、それでいいじゃないか。それなのに、多くの物を求めすぎて、もしかしたら、自分を犠牲にして働いているのかも。私の幸せはもっともっと自然に寄り添った穏やかで静かで平穏な日々の中にありそうだ。働き方を変えなければ。

 

締め切りも延ばしてもらった。だから、今日、一日、会社を休んで、家で執筆の仕事をすることにした。彼も手伝ってくれるという。

 

朝、美味しい素朴な玄米ご飯を食べて、食後のコーヒーを飲みながら、こんな穏やかな時間は久しぶりだと思った。今日、一日で、1ヶ月分の仕事をするつもりだが、心の準備は出来ている。そして、今、始めた。

 

ご褒美は美味しい晩御飯。

  • 2020.10.24 Saturday
  • 10:40

汽車通勤を始めて3日目。道に迷わなくなってきた。基本的に宮崎の人は車通勤だから、電車に乗る人はほとんど学生だけ。当然、混んでるわけもなく、全員座れる。みんなマスクして誰ともしゃべらず、無言のまま、列車は田園風景の中を走っていく。

 

宮崎駅に着くと、そこは大宮駅かと思うほど、栄えている。昔は、大宮駅だって充分、田舎だったけど、今は見違えるほど都会化されて人も多くなった。宮崎駅は、朝のラッシュアワーでも、とにかく空いている。人が多くない。最近、駅ビルが新しく建ったこともあり、とても綺麗だ。

 

日中は、一生懸命、仕事した。それでも、なんとか終わらせられたって感じ。まだあんまり慣れてないから、頑張ってるのに、そんなに成果が出ない。一番疲弊する時期だが、これを乗り越えないとって思って頑張ってる。

 

汽車通勤になって、ホッとしている。車の運転は緊張するし、100キロとか出すのが当たり前の道は、ちょっと危ない。景色は最高だけれどね。汽車通勤のなかで、疲れてなら寝てるし、焦り出したら、勉強するし、自分だけの時間が持てるところがいい。

 

帰宅したら、彼が美味しいご飯を作って待っていてくれる。幸せだと思う。「今週は忙しかったから、今日は金曜夜だから、スイーツもあるよ!」。大好きなマロンケーキを買ってきてくれた。このマロンは卵や乳製品を一切使っていないヘルシーなスイーツだ。そして、栗が大きくて、とても美味しい。

 

「幸せ」は気付くものだ。私は今、導かれてここにいる。育てられたからこそ、今がある。本当の幸せは、身近にある。何気ない平穏な日常。ああ、昔、私が困ったとき、助けてくれた人がいた。母の故郷、大宮氷川参道で自転車の二人乗りをしたことがある。とても優しい風を感じた。あんな感じの優しさが、今、ここ宮崎にもある。青島の太陽。暖かくて優しい。

 

そして、今日も私は原稿を書き講義の準備をする予定だ。

 

忙しいと時間の使い方を工夫するようになる。

  • 2020.10.22 Thursday
  • 20:47

今は仕事面では一番苦しいときだ。一生懸命がんばってるのに、成果が出ない。実績が作れない段階。そりゃそうだ、会計の仕事って実務ってあんまりやったことなかったのだから。でも、知っている知識が実務で出てくると励みになる。

 

先輩たちは、資格なんて興味ないっていう人だけど、実務はよく分かってる。すごいなぁと思う。事務所の先生は、結構、丸投げして出かけていく。だから、残された私と先輩たちで何とか仕事を終わらせないといけない。現実ってそんなものだろう。

 

でも、今が一番力が付く時期。決して手を抜いてはいけないと考えている。

 

だから、今日は、汽車通勤で一番早く事務所に出社して、まずはトイレ掃除から、部屋の掃除機がけから全部やった。タオルも選択した。テキパキと。私は、ずっと下積みが長かったから、こういうのは慣れっこだ。

 

でも、もしかしたら、私はずっと下積みで終わるかもしれない。ああ、どうしようって思ったら、エモン君(実家の愛犬)が慰めてくれる。すごく可愛い。実家の母が写真を送ってくれる。エモン君、私に会いたいって。

 

また、私はそれとは別に本も書いたりしてる。そうすると、そっちの仕事も忙しい。編集者から連絡が入る。タスクを忘れることもあるし、ミスが発生することもある。完璧に出来て当たり前というレベルの仕事を求められる。

 

でも、きっとこうやって私は一歩一歩進んでいる気がする。夫は、毎日、私にご飯を作ってくれて、お弁当を持たせてくれる。

 

私は自分の仕事を頑張るしかない。

 

だから、私は、今の仕事を「好きになろう」と、決めた。好きになって、一生懸命やってれば、もしかしたら、ある時、ふとチャンスが訪れるかもしれない。何かを掴める時が来るかもしれない。

 

最近の私は、全てをプラスにポジティブに受け止めることに「決めて」いるので、全てが好転しているように感じている。

そう、すべては考え方なのだ、受け止め方や姿勢が大切なのだと思う。

 

 

宮崎で電車通勤。

  • 2020.10.21 Wednesday
  • 20:48

一昨日から車通勤を止めて電車通勤している。

単線で無人駅から乗車。学生が多い。でも、みんな座れる。乗ってる人、少ないから。でも、みんなマスクしてる。ちなみに、彼に聞いたのだけれど、これは電車じゃないんだって。ここは電気が走ってないから、汽車なんだよって。すごい汽車通勤してる、私。

 

宮崎へ来てから、車通勤と仕事に追われて、腰を痛めてしまった。整体にも通ってるが、できるだけ歩くようにしよと思う。野菜生活だから、決して太らない。

 

この前の車のエンストは怖かった。けれど、無事だった。私は運がいいのだと思う。今、生きてて、生かされているのだから、自分の運命をまっとうすべく頑張ろうと思う。

 

仕事ってどれも大変。みんな頑張ってる。普通に働いている、普通に暮らしているって、素晴らしいことだ。すごいことだ。平穏な日々を大切にしたいと思う。

 

 

 

コスモス畑へ行きました。

  • 2020.10.19 Monday
  • 21:20

すっごく仕事を頑張って過ごしている。忙しくて、ブログをアップしている時間がなかった。楽しみにしてくれている人がいると思うと、眠いけどもうちょっと頑張る。これを書いてからお風呂に入ろう。。

 

先週末、コスモス畑に行った。生駒高原。ドッグランもあるし、お花畑でコンサートもやってるし、一日中楽しめそう。

私は午前中仕事してたから、午後から出かけて行った。車が混んでて駐車場に入るまで一時間待ち。私は、お手洗いに行きたかったから、先に歩いて行った。彼は車を駐車場に入れてから来た。

 

先に歩いて行って正解だった。混んでいるお手洗いをやっと済ませて、一人でのんびり園内をお散歩した。本当に広くてのんびりしてて最高。野外コンサートも最高。犬を連れて来るべきだ。

 

来年は、母とエモン君(愛犬のトイプードル)を連れて来たい。犬を飼っている方は、ぜひ訪れて欲しい場所だ。

 

仕事の合間にコスモス畑に行きました。

  • 2020.10.11 Sunday
  • 20:42

しばらくの間、私は、本当に仕事に忙しかった。

都内に行って仕事をして、帰ってきたら、また土日も仕事して・・・

 

でも、ちゃんとリラックスする時間も作った。

今日は、彼と一緒にコスモス畑を見に行った。犬がいっぱいいた。懐かしい実家のトイプードルを思い出した。

 

私がいなくなってから、私のトイプードルは、毎日、玄関に向かって正座しているそうだ。母いわく、私を毎日待ち続けているとか。可愛いものだ。忠犬ハチ公みたい。

 

今日は、台風が去ったので、久しぶりに、ビーチでヨガをした。太陽を浴びながら。

 

仕事は大変だけれど、自分を解放する時間もちゃんと取っている。

 

夜は外国人の友人に英会話のレッスンを受けている。楽しかった。

 

仕事のこと、プライベートのこと、必ずしも価値観がぴったり合うとか、何でも最初から受け入れられるわけじゃないかったけれど、話し合ったり、お互いに思いやったり、過去にケジメを付けて、しっかりと前に進みだそうと行動したり。そうやって、私たちは生かされているのだと思う。

 

だから、ちゃんと自分の歩くべき道を歩かないと。そう思っている。

今日は疲れたから早く寝よう。明日、また早起きして、仕事するんだ。勉強も始めた。最近は、「自分の役割の中で出来ることを精いっぱいやること」から始めていこうと素直に思って実践している。

 

やってみないと分からないから。考えながら進めていかないと分からないから。

それでも、優しさや思いやりは大切にしたい。

 

そうそう、おととい大変だったんだ。私が通勤中に、乗っていた中古車がエンジンストップ。みんなが100キロくらい出すような国道220号線で。生きて帰れてよかった。私は運がいい。後ろの車の人が降りてきて車を手で押してくれた。自動車販売店の人たちが助けてくれた。

 

私は運がいい。多くの人に助けられている。私は生かされているんだ。

 

だから、自分のできることを頑張らなくちゃね。

 

ああ、車も買わなきゃ。色々やることは、あるものだ。

 

Bさん、お母さん、私を育ててくれてありがとう。生かされていることに感謝している。

 

 

 

都井岬に馬を見に行きました!

  • 2020.09.28 Monday
  • 05:26

仕事の合間を縫って、都井岬に野生の馬を見に行きました。

こちらで彼と一緒に暮らすようになってから、いろんな友人たちが我が家を訪ねてくれる。美味しい料理を一緒に食べて、翌日、野生の馬を見に行った。私たちは夕方に行ったから、野生の馬たちがもう寝る時間で、あんまり機嫌よくなかったみたいだ。夕焼けを見たかったがあいにく曇り。

 

なので、彼が事前に下見を言ったときの写真をアップしようと思う。お天気なら、素晴らしい絶景と野生の馬たち。馬と一緒に遊べる。ただし、馬の後ろは絶対に通ってはいけない。馬に蹴られたらアウトだ。

 

台風の去った後の波は結構うねりが強い。ビーチにはサーファーも多い。

私は、ビーチで一人でヨガをする。波の音を聴きながら瞑想するのも最高だ。

 

私は自分と向き合い、心の中を整理していく中で、気付かされることがある。

 

「時代は、変わった。」「環境も、昔と全然違う。」・・・諸行無常。

 

自分が置かれた環境が合わなかったら、その外側に出ればいい。そんな勇気を持つことが必要だ。一歩外に出るだけで、自分を取り巻く環境が大きく変わる。

 

自分は自分でいい。自分が自分でいることの尊さ。全部ひっくるめて、それが「私」なんだってことが、ありのまま受け入れられるようになった。それはとても幸せなことだ。他の人と違っていい。最初はつらいこともあったかも知れないけれど、その先の未来には、こんなに平穏な、そして、自分スペシャルな人生が待っているのだから。自分の人生を慈しめるようになって、これが「愛」というものなのかと思うようにもなってきた。

 

毎日の素朴であまりにもさり気ない、穏やかな日々。ここに幸せを感じられることが、幸せだ。

 

さて、仕事は相変わらず忙しい。お勤め、原稿執筆・・・などなど。けれど、そんな幸せ感が、私を前へ進ませてくれる。頑張れるって、幸せなことだ。

 

里帰り

  • 2020.09.20 Sunday
  • 19:48

実家へ里帰りしています。

 

長い間を過ごした私の実家で、子犬を飼い始めました。可愛い。癒される。

 

私は、結婚してから、多くのことを彼から学んでいる。周りの人に教えられている。人生は恵みだと思う。

 

私たちは「自分にできることをして家族というチームに貢献しよう。」という意識を共有している。

 

全部ひっくるめて、その人の個性。だから違っていい。私はそれをそのまま受け入れるようになった。優劣や上下関係を付けない。人間として対等な付き合い。

 

そして、笑顔を大切にした暮らし。どんどんナチュラルな暮らしになっている。自分が自分でいることって、大切なこと。私は私にしか歩けない人生を歩いている。私の周りの人も、みんな自分の人生を歩いてて、そして幸せなようにみえる。幸せであってほしい。

 

自分の周りの人が幸せなら、自分も幸せになれるから。みんな個性的で変わっていて、それでいい。面白いし、笑いが絶えない。

 

宮崎へ来た当初とは違った、温かい感情が、許せる寛大さが、過ちを正そうとする勇気が、そして幸せな未来を一緒に作ろうと想う情熱が、私の中に生まれ始めた。これからは、そんな仲間を大切にして、毎日を丁寧に生きたいと思っている。